累計
昨日

 キリスト教とは何か   〝 〟




 イエスは紀元前四年頃、現在のパレスチナ自治区のベツレヘムという町で、大工の父ヨセフと母マリアとの間に生まれたとされています。
 『新約聖書』によると、結婚前にマリアが妊娠し、疑ったヨセフは婚約を解消しようとしますが、夢の中に神の使いが現れて、「マリアのお腹にいるのは聖霊によってもたらされたもので、男の子が生まれるから、イエスと名付けなさい」といわれ、イエスが誕生したとされていますが、この時点で因果を無視した神話が生まれています。イエスは不貞で生まれた子だと考えるのが自然でしょう。
 当時、その地方ではすでにユダヤ教が広まっており、イエスもユダヤ教徒として育ちますが、やがてイエスはユダヤ教徒でありながらユダヤ教を批判し、改革運動を進めていきます。ユダヤ教では、ユダヤ人こそが神に選ばれた民であって、神に救われる唯一の民族であると説いています。ですが、イエスは、神を信じる者は誰でも救われると説きました。
 その結果、イエスは捕らえられ、ゴルゴタの丘で十字架にかけられて処刑されます(紀元30年頃)。結局は救われず悶え苦しんで死にました。

 イエスの教えはその後、弟子たちによって、まずは『福音書』という形にまとめられました。「福音」とは「よい知らせ」という意味です。その後、これが後世になって『新約聖書』としてさらにまとめられ、世界中に広まっていきます。
 しかし、この時イエスはいざ自分が十字架上で死を間近にした時、
『神よ、どうして私をお見捨てになったのですか』と、神を恨んでいる言葉を残しています。これについて後世の弟子たちがあれこれ言い訳をしていますが、十字架で悶え苦しみながら処刑された時点で不幸なのであり、「イエスは人類の罪を一身に背負った」などと、後の人が美談にしているにすぎません。
 断言すれば、イエスという人は復活などしていないのです。また、復活などという事柄そのものが、負け惜しみの作り話であることは冷静になって考えれば、誰にでも分かる事実です。もちろん、これは、教祖イエスを処刑された弟子の悲しみと憤った感情が復活願望に転化し、新約聖書(マタイによる福音書)の復活劇となったことに他なりません。パウロの言葉を引用するならば、「パウロたちの宣教もむなしく、キリスト教徒たちの信仰もむなしい」のです。また、このパウロもローマで二度投獄され、牢の中で死んでいきます。彼の信仰も彼を救うことはできなかったのです。このことからも、キリスト教が真理などとは程遠い誤った宗教であることがよくわかります。
 このように、ありもしない昇天や復活などの因果を無視したおとぎ話で信者を洗脳するのがキリスト教なのです。実際、これまで世界で一番に戦争をしいる宗教はキリスト教ではありませんか。罪を作る宗教といか言いようがありません。

 ですから、イエスが生きていた時代に「キリスト教」という名前が付けられていたわけではありません。イエスには新しい宗教をつくり出すという考えはなかったわけです。

 イエスはユダヤ教徒であり、弟子たちへ教えを伝えるときも、ユダヤ教徒の聖書である『旧約聖書』の内容を引用していました。イエスの死後、弟子たちは布教活動を続けます。当時ヨーロッパを支配していたローマ帝国の歴代の皇帝たちは、自分のことを神として崇拝するよう人びとに命じていたため、それを認めないキリスト教徒を迫害するようになります。ペテロやパウロなど、多くのキリスト教徒が殺害されました。 この迫害にもかかわらず、神の前での平等を説くキリスト教は広がりを見せ、身分の低い人や奴隷、そして上流階級にまでその教えは浸透していきました。

 やがてローマ帝国の治世下で国教化されたキリスト教は、世界を支配する強大な権力を手に入れてゆきます=この原因は、キリスト教の〝肉体と魂〟という二元論に行き着きます。ローマ帝国の圧制下で苦しんでいる大衆に対し、「苦しい生活は神の思し召しだから、変革する必要はない。これが君達の原罪なのだから。重要なのは、魂の救済だ」と説きますから、支配者にとってこれほど好都合な教えは無かったのです。そしてキリスト教は〝巨大な支配者〟となってゆきました。

 この様子を見たローマ帝国のコンスタンティヌス(大帝)は、このままキリスト教徒を迫害し続けていては帝国の統一は難しいと判断し、313年、キリスト教を認めるという「ミラノ勅令」を発表。その後、380年には、テオドシウス一世がキリスト教を国教、つまり「国が定める宗教」として認めることになり ました。イエスが十字架にかけられてから300年以上が過ぎた頃、キリスト教はヨーロッパに一気に広まっていくことになったのです。

 テオドシウス一世がキリスト教を国教として認めたのは、ローマ帝国の崩壊を食い止めるべく宗教を利用しようとしたためなのですが、ローマ帝国はついに分裂します。テオドシウス一世は395年、ローマ帝国を東ローマ帝国(ビザンツ帝国)と西ローマ帝国に分けることにしました。
 これにともない、東西のローマ帝国では、キリスト教においても少しずつ考え方に違いが現れるようになり、それぞれ独自の発展を遂げていきます。
 西は「カトリック教会」、東は「東方正教会」となり、さらにカトリック教会からは、16世紀になってプロテスタントが分かれます。
 カトリックとは「普遍的」という意味で、プロテスタントとは、資金集めに免罪符発行するカトリックへの「抗議(プロテスト)」という歴史的背景から付けられた名称です。
 その後、プロテスタントの一派であるピューリタン(清教徒 )がアメリカへ渡り、同地で広く信仰されることになりました。アメリカとキリスト教が根強く結びついている背景には、このような歴史があるのです。







↑ PAGE TOP