累計
昨日

 内道と外道について  〝神=自分の外にいる=全ては神の思し召し〟


 【1】序:神をあがめる宗教について   〜ユダヤ・キリスト・イスラムの神は同じ〜




【ユダヤ教の神ヤハウエ】【キリスト教の神ゴッド】【イスラム教の神アラー】は、予言者と称される【モーゼ】【キリスト】【マホメット】がその経典に説示した架空の存在とで、現実に姿を現したことありません。ちなみに旧約聖書で説かれる神を作ったのは〝古代ユダヤ民族〟なのです。
 つまり、〝神の根源〟である旧約聖書は、古代ユダヤ民族が神話を作ったわけであり、神=〝原因もなく人間が想像し作った妄想・自己の外に作った世界〟なのは明白です。これを認めない妄想ロジックが外道(げどう=後述)なのです。
 また、新約聖書では「結婚前にマリアが妊娠し、ヨセフは婚約を解消しようとしたが、夢の中で神から〝マリアのお腹にいるのは聖霊〟と言われてイエスが誕生した」とされていますが、これは100%あり得ない話です。イエスは不貞で生まれた子だと考えるのがごく自然ではないでしょうか?

 『聖書』に書かれていることがすべて真実であると考えるキリスト教原理主義者や宗教保守派が近年もっとも力を入れているのが、「妊娠中絶反対」と「同性愛・同性婚反対」の運動です。
 妊娠中絶に関しては、1993年3月に、フロリダ州の中絶手術をしている医師が中絶反対派によって殺害されるという事件が起こりました。
 その後も同様の医師や職員が殺され、1998年一月にはアラバマ州の妊娠中絶をするクリニックが爆破されています。『聖書』には「汝なんじ、殺すなかれ」という戒いましめがありますが、この教えを守るために人を殺すというのは矛盾に満ちた行為であり、これが戦争を正当化する外道の姿なのです。

 また、日本の天理教、天理王命や金光教の天地金乃神などは、教祖がある日突然思いついて言い出したもので、これまたこの世に現れたことはない妄想ロジックです。
 また神社の中には、天満宮や明治神宮などのように菅原道真とか明治天皇などの歴史上の人物を祭っているところもありますが、これらは偉人を敬慕する感情や時の政治的配慮などによって、人間を神にまで祀りあげてしまっただけのことで、神本来の力をもっているわけではないのです。




 【2】内外相対(ないげそうたい)   〜内道と外道を比較する〜
 

 仏教がみずからを内道(ないどう)というのに対し、それ以外のあらゆる教法を外道(げどう)という。この外道と内道を相対して勝劣を決するのが内外(ないげ)相対です。
 内外相対とは、内道(仏教)と外道(キリスト教・儒教・神道・新興宗教等)との勝劣相対をいいます。この勝劣の基準は、三世の因果を説くか否かにあります。


 【3】二偏見(にへんけん)   〜外道の日常の価値観〜
 

 二辺見(にへんけん)とは、外道(仏教以外の西洋宗教や哲学等)から発生した、世間一般のモノの見方です。
 仏教では「四句分別(しくふんべつ)を説いて「二辺見」の間違いをしっかり破折(論破)しています。この、間違った「二辺見」の考え方が、実は我々も世間に埋もれているうちにしっかり根付いており、外道生活をしてしまっているのが現状です。



 【4】日本に蔓延する〝外道義〟の数々   〜目に見えない外道義〜
 

 日本では敗戦後、特に性風俗が開放され、欧米流の映画やエンターテインメントが興隆し、プロ野球をはじめとする欧米のスポーツが国民行事となりました。戦前の日本人は、勉強熱心で愛国心 も強く、海外からも恐れられていた存在でした。あのマッカーサー も、戦争で日本に勝利を収めた際にも、日本人の勤勉さと愛国心 を恐れ、これを潰してしまわねば再び脅威な存在になると考えたのです。















↑ PAGE TOP